« 小旅行@四国~岡山Ⅰ | トップページ | 担当櫻井 »

2009年1月29日 (木)

小旅行@四国~岡山Ⅱ

   012_convert_20090129170239_2

こーんな綺麗な大自然が、まさか2~3時間車で走っただけであるとは思わなかった
この山並みを眺めながらしばらくすると祖谷の秘境

吉野川が流れるこの辺り、大歩危(おおぼけ)、小歩危(こぼけ)というそうです
ちょっと面白い名前だけど・・・sweat01
そしてこの大歩危の更に上流に祖谷のかずら橋があるそうです

知らなかったけど、歩危(ぼけ)というのは、川の両岸に山が迫る険しい場所っていう意味なんだそう

まさにそんな感じ
大自然で優雅なんだけど、豪快で険しい
ずっと窓の外の景色を見続けていても飽きる事がなかった

この辺り、こんな大自然なので、言うまでもなく1年中楽しめるnote
四季折々の花や植物は勿論、紅葉の時期は絶景だろうし
夏は遊覧船があったり、キャンプ場があったりと、家族連れでも満喫出来そう
そしてこの吉野川ではラフティングが有名なんだって

そうこうしてるうちに祖谷に到着
駐車場には人形が置いてあって、「駐車料金任意」だなんて、何とものんびりしてる

そこから雪道を10分くらい下っていくと現われました

   030_convert_20090129170504

まるで絵ハガキのようだったsign01
寒さも忘れてひたすらシャッターを押したよ

残念な事にちょうど橋を編み変えか何かで渡る事は出来なかったけどsweat02

ちょっと御説明

【祖谷のかずら橋】

日本3大奇矯の1つ、国の重要文化財に指定されているそうです
シラクチカズラという植物で編まれており
前長45m、水面からの高さは14m
この橋、弘法大師が祖谷に来た際に村人の為に架けたとか、
平家の落人が追っ手の攻撃を防ぐ際にいつでも切り落とせるようにと、カズラで編んだとも言われています
今ではシラチクカズラ不足の問題が深刻で、地元でも試験栽培などが行われているそうです
 

やはり自然の植物で作られた橋
とても趣きがあって素敵でしたshine
ちょうど渡れないからか、観光客も全く歩いておらず、雪が舞う中、この景色を独占出来たようでとても嬉しかったぁhappy02
   Ts3h0554_convert_20090129170420

渡れなかったので写真だけですが・・・
かなりユラユラゆれて、橋桁の感覚も広いようなので下が丸見えだそうです
今度は渡ってみたいなぁ・・・

雪道を歩いてると、ザクザク
あの感触がとても好きですsnow

   034_convert_20090129181048

そして祖谷に別れを告げて、明日向かう岡山方面へ近づく為に、高知県へと向かう

途中・・・誰もいない駐車場を見つけて・・・

   090124_162702

思わず書きました、嵐☆+:;;;;;:+☆ヾ(*´∀`*)ノ☆+:;;heart;;;:+☆

テッパンでしょ(笑)


|

« 小旅行@四国~岡山Ⅰ | トップページ | 担当櫻井 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そうなの
ラフティングと聞いてSOHOちゃんを思い出したよ
好きだろうなーって
いつか嵐が四国に来たら遠征して観光しようよん

投稿: rosyからSOHO | 2009年2月 9日 (月) 22:46

写真で何か伝わったなら光栄です
ってこの台詞、青い誰かのコメントに似てる?(笑)
ほら、sayaちゃんの青い誰かだよΨ( ̄∀ ̄)Ψ

投稿: rosyからsaya | 2009年2月 9日 (月) 22:44

大歩危&小歩危、うらやまし~!
何年か前に車で通り過ぎたことだけある(T_T)
途中下車したかったのよね・・・。
こういう所、大好きsign03
雪景色もとってもきれい。行ってみたいな~happy01

私の命知らずのカヤック仲間。
何年か前に小歩危をカヤックで下ったらしい。
シンジラレナイΣ( ̄ロ ̄lll)
ラフティングならわかるけど、カヤックでだなんて。。。
あの人達が生きてるのが不思議だわぁ~。

投稿: SOHO | 2009年2月 1日 (日) 01:13

知らなかったーこんな場所があるんだねhappy01
こんな自然の中にいたら心が洗われそうconfident
雪景色とか、なんかいいよね、心が落ち着くというか…
私も行ってみたいなぁーheart02
こっちからじゃ岡山とか四国はなかなか行けないもんね…
しかし、いつもながらrosyちゃんの写真は素敵shine
また更新楽しみにしてまーすhappy02

投稿: saya | 2009年1月30日 (金) 02:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小旅行@四国~岡山Ⅰ | トップページ | 担当櫻井 »