« オリスタと薫風 | トップページ | 到ー着ッ »

2008年4月 1日 (火)

お父さんへ

    Cimg0124

父が3月末をもって、仕事を終えました

 

 

定年はもう既に迎えていたのですが、その後就いていた仕事を終えました

これで本当にお疲れ様、になったのです

根っからの仕事人間なので母は色々苦労もあったかも知れないけれど

私はこの歳になって、やっと父の偉大さが分かったような気がします

 

夜に・・・電話しました

父はお酒を飲んでいたせいもあるのか、泣いていました

電話で話すのがつらくて、私も涙をこらえて

「お疲れ様」

と明るく声をかけたけれど・・・

 

「しばらくゆっくりすれば?」と声をかけたけれど

「それがそうも出来んわ・・・」と、涙声で苦笑いしていました

 

仕事仕事できたのでぽっかり穴が開いてしまったみたいだったな・・・

 

もう、超が付くほど仕事人間だったけど

だから今の私達があるんだし

やっぱり色んな話を聞いてると

単純に凄いなぁって、

そこまで仕事に情熱をかけて

足を使い、頭を使い、結果を出してきた

 

家族を養う為とはいえ

長い年月、働き続けるって凄いなって尊敬です

こんな事、照れくさいし、なかなか素直に言えないけれど

でも本当に長い間、お疲れ様でした

 

しばらくは寂しいだろうけど

気を落とさないで、

健康で仕事人生を貫き通し終えた事に自信を持って・・・

いつまでも元気でいてくれたらなぁ・・・って思ってます

 

私の大好きなNYの写真を贈るよ

透き通る青空に・・・まっすぐ伸びる飛行機雲が綺麗でしょ

 

お父さん

本当に本当にお疲れ様でした

ありがとう○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○

 

|

« オリスタと薫風 | トップページ | 到ー着ッ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとう
本当に感謝でいっぱいだよ
これからも、とにかく元気でいてくれたらってそれだけです
色々あるけど、やっぱり元気にいてくれることが1番だもんね

投稿: rosyからtomo姫 | 2008年4月 6日 (日) 00:10

おじちゃんお疲れ様でした。

お父さんに感謝の気持ちを伝えられることは、向き合いたくてもその機会を与えられなかった私にとっては非常にうらやましい環境です。

仕事人間で一時おじちゃんに反抗していたrosyも知ってるけど、仕事を通して自分の存在意義を見いだしていたお父さんの気持ちは何となく分かります。
仕事が無くなった分、これから何かしらの趣味を見つけて第2の人生を楽しんでほしいとこやね。茶飲み友達でも出来ると良いね。

私は父親に文句言いたくても言えないし、育ててもらった訳でもないので感謝する事もたいしてない。しいてありがとうって言える事って存在を作ってくれた事に対しての感謝だけだからね〜

投稿: tomo姫 | 2008年4月 4日 (金) 00:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オリスタと薫風 | トップページ | 到ー着ッ »